スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年08月02日

7/29デザユニ貸切

暑過ぎワロタ・・・


さてさて行って参りました、デザートユニオン貸切戦。

もうね、くっそ暑いの。

炎天下なの。

でもね、海兵フル装備しちゃうの。










LWH被るだけで…頭がフットーしそうだよぉぉぉぉぉぉぉぉ


実際問題動かなくても汗が止めどなく流れてくるので5ゲームくらいしか遊んでません。

正直新しい装備を着けて写真撮っただけで満足してます

WL MARPATのFROGコンシャツや、金ノロマウント。
あとはSAWポーチやなんかをつけてみました。



あとILBEのメインパックってやっぱり重たいですね。
プローンで16を構えたときにMTVのネックガードとメインパックがLWHをグイグイ押してくるため、
まともに狙えませんでしたw
いかにもって感じでかっこいいんですけど、サバゲには向きませんね(今更)










それにしてもSAWポーチいいですね。
STANAGが7本も入ります。
マガジンこぼれるけど



M249は持っているのですが、この日にM249を持って写真を撮ったのはこの写真だけでした。




被っているのはFROG製新型バラクラバです(大嘘)

従来のバラクラバに比べ、視界が大幅に制限されます。



あとはNVGアームですが、ノロトスのコレ↓




…のレプリカ


全部本物なんて揃えてたらスッカラカンになるわ!


当日はガッチガチフル装備のPJや







自宅警備隊 や海特装備の方ともご一緒しました。


海特の方とは前々から知っていたものの、この日初めて名前を知りました。

しかも同い年だったというオチまで。
お互いに年上だと思っていたみたいでw

何よりもFROGはやっぱり着心地がよかったですね。
これからコンシャツの値段も下がるでしょうし、そう珍しくはなくなりそうですね。

PJの方とは小芝居なんかもさせてもらいました。










  


Posted by 黒歴史部隊  at 18:06Comments(1)サバイバルゲーム

2012年06月18日

6/17 SEALs定例会に参加したる事

ウッガッダー、オィエー!(挨拶)

Grenadierです。本日、Black Historyの分遣隊及び隊友はサバイバルゲームフィールド、SEALsにおけるリアカン定例会に参加しました。雨天の予報でしたが、始まりに少しぱらついた他は次第に晴れに向かい、人数も少ない中で、人気フィールドのSEALsでゲームをすることができました。

後半は特に参加した6名でカトー指揮員の指導の下で分隊を組んで活動、"ディフェンスライン"を制圧したり、少人数ならではの結束した動きが出来ました。

「アイ・セーフティが曇ること」
とりま、これから夏にかけてはフォグテック(曇り止め)がなけりゃシューティンググラスが雲って話にならないです。そうでないとセルフ霧中モードになって、敵の発見がより困難になります。

「建物には打ち込むこと」
建物に敵が潜んでいると分かる場合は、必殺の一発でなくてもバリバリ打ち続ければ、そのうちヒットがでるものだから、打ち続ける必要があるとよく認識しました。

「写真を撮影すること」
今日もPentax K-7を持ち込んで40枚ほど写真を撮りました。写っている方のご意向で出せるものがあまりないのですが、また折に触れて写真においてもブラック・ヒストリーの面々が楽しんでサバゲーをしており、とても「カッコいいものである」事をお伝えできればと思います。とりえあえず、一枚。

http://twitpic.com/9xicv7

また修正、などをして本日のサバゲーの写真は何枚か上げる予定です! 

Grenadier  

Posted by 黒歴史部隊  at 00:16Comments(0)サバイバルゲーム

2012年06月03日

デザユニ定例会行くよー

彼女連れでな

あ、痛い痛いヒットですやめて下さい顔は撃たないで…

て訳で明日のデザユニ定例に参加します。

参加メンバーは

カトー
カトー嫁
ゆきまる
コマツ伍長
ユウ

の5名となります。

あのニコニコ動画()で人気者()のコマツ伍長が参加するよ!

だらだら騒ぎましょう。
  
タグ :


Posted by 黒歴史部隊  at 00:05Comments(0)サバイバルゲーム

2011年09月21日

9月18日デザートユニオンにて

初めて記事を書かさせていただきます。黒歴史部隊ではバイト(笑)扱いの青み~と申します。

ケイジさん作

 

 先日行われた副隊長ミルズ主催のキャッキャウフフサバゲーにご参加してくださった皆様本当にお疲れ様でした。50人以上も集まるとは思ってもいませんでした。私の目線から見た限りだと玄人の方々が結構本気でやっていたので大丈夫かな?と少し心配していたのですが後で「楽しかった」と感想をいただきほっと胸をなで下ろしました。

 

 今回のゲーム内容ですが

【午前】
 復活フラッグ戦

 通常フラッグ戦

【午後】
 爆弾設置戦

 ハンデ戦

 大統領戦

 午後には若干ルールの複雑なゲームも入りましたが滞りなく進みまさに計画通りと言ったところでしょうか。因みに今回玄人側は弾数を400に制限してあります。

  
 爆弾設置戦は攻撃側と防御側に分かれ攻撃側は指定された陣地で爆弾(二つに合わせたカゴの中に段ボール箱に入ったブザー)を起爆(ガムテをはがしブザーを押す)させれば勝利。逆に防御側は爆弾を奪い陣地外で起爆させれば勝利となります。攻撃側はそう多くはありませんが復活が可能です。爆弾は必ず二人で運ばなければなりません。

 
 ハンデ戦は玄人チームと素人チームをサバゲー参加回数で分け玄人は長物の場合リアカン1マグかハンドガン2マグのどちらかを選びます。さらに武器はキングに置きクイーンからスタート、武器をもった瞬間から走ることができなくなります。撃たれたらリアクションを取らなければなりません。素人チームは弾数制限なし復活ありです。2回戦目には玄人チームからスパイを5人選び3分後に裏切ります。

 

 
 大統領戦は各チーム一人大統領を選び、護衛を二人選びます。フラッグは大統領か護衛にしか落とせません。あと大統領を倒されると負けとなります。あとは通常のフラッグ戦と同じルールです。


 写真の方は撮っていなかったので後ほど上げられたらなと思っています(汗)


 まぁフィールドにタイムリープしてきた人たちもいればQBがいたりゲーム画面から抜け出してきた人もいれば裸にプレキャリの紳士な方もいたり、ゲーム中にチャンバラしたりサンタクロースが一足早いプレゼント(BB弾)を届けたりハリウッド映画のアイアンな男がいたり上映中のに出てるような人がいたりとネタ満載の一日でした。

 次回も検討しているので機会があればぜひ参加してください。また、どこかの戦場でお会いしましょう。




 最後に、家に帰るまでがサバゲーです。安全運転に心がけ高速を走るときはオービスに捕まらないようにしましょう。
   


Posted by 黒歴史部隊  at 06:29Comments(0)サバイバルゲーム

プロフィール
黒歴史部隊

部隊概要


 突如宇宙より飛来した人類に敵対的な生物と戦うことになった米国駆逐艦乗りよりもレニハンな部隊の方が好きな人が多いらしい。
 この部隊は高齢になってから若いころに犯した行いを見直し、悶絶するために設立された。部隊名のためか主要メンバーはぎっくり腰、蕁麻疹、捻挫と他のサバゲーチームと比べて負傷率が高いのが特徴。変態かつ紳士、大胆かつ繊細、かつてないプレースタイルをあなたは目撃する。


隊員紹介


隊長「カトー・シマパンスキー」


 二次元とサバゲーをこよなく愛する紳士でありまたの名を「ストライプ1」。過去の経歴や人脈は不明なところが多い。動画で外国人と勘違いされたことや似ているアメリカ軍の兵士の写真なども出てきている。リア充であるがホモネタも多く、彼曰く彼氏と彼女は別腹とのこと。ホモは嘘つきだからしょうがないね。

副隊長「ローチ・ミルズ」


 手広ーく装備を集めており、基本的に映像作品やゲームの装備がメイン。隊の宣伝媒体である「Black Movie」の制作も手がけている。植民地海兵隊のパルスライフルを所持しているほどエイリアン2には思い入れがあるようだ。

外部顧問「ツバメ・ゴースト」


 某ゲームの日本語吹き替え版からそのまま現実世界に出てきてしまった謎の男。そのためサバゲーにおける能力は群を抜いている。ゲームとは違い休憩中にバラクラバの下からたばこを吸ったり炭酸を飲んだりと人間臭い一面を見せてくれる。最近、タスクフォースの仕事が忙しいようだ。

隊員「さねき」


 速きことさねきの如く、静かなることさねきの如く、侵略することさねきの如く、動かざることさねきの如し。黒歴史部隊創設時より戦場を共にするサイレントソルジャーである。温厚な性格とは裏腹に一度銃を手にすれば敵と認識した女、イケメン、リア充、全てに容赦しない。

隊員「ハル」


 このチームの良心であり兄貴的な存在。ふとしたきっかけでサバゲーを始めその魅力に取りつかれ次世代電動ガンを即買いしてしまった。初めてのサバゲーでシマパンスキー氏より借りた装備はリアカンというとんでもない猛者である。

隊員「ゆきまる」


 装備に身を包んだ彼はアメリカのPMCのような圧倒的な迫力を誇り見敵必殺の精神は狙った獲物を逃がさない。隊内随一のグルメでもあり伊勢丹地下のジェラートがお気に入り。基本的には海兵隊装備で参加している。

隊員「煉」


 趣味はバイクとスタイリッシュな好青年。中距離での戦いを得意な89式小銃使い。コスプレやコミケのサークル参加などアクティブに活動している。

隊員「悠陽」


 隊員青み~とセカンダリウエポンが同じ5-7を使用しているため今後エレメントを組むのではと予想される。彼も哲学者♂であるため隊員としばしば往復の車内で語り合っている。ハンネからお察しの方々もいると思うがマブラヴクラスタでもある。

隊員「青み~」


 残念を形にしたような人間。多様な意味をもつようになった「青みる」という単語は最早皆の知るところとなっている。最近は海外ドラマ「NCIS」がお気に入り。天然かつ残念、装備はいつもどこかしら胡散臭く、よく銃の外観を魔改造することで有名。
< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人